• 製品について
  • 開発者の声
  • メディア
  • 臨床試験結果
  • 久留米大学医学部
  • 商品Q&A

開発者の声

アトピー性皮膚炎の治療においては、爪で皮膚をひっかく行為を抑制する事が重要だと考えられております。
これは、皮膚のバリアーを壊したり、刺激を与えることによって痒みを起こす物質や神経を増やしてしまうなど、皮膚の病態を悪化させることがわかっている為です。
そのような現状の中、引っかき防止目的の手袋は今までもありましたが、どれも十分な効果を得られるものは無かったと思います。
Circle Guard(サークルガード)は、臨床試験に基づき、引っかき防止・通気性・肌へのダメージ・外れ防止などのあらゆる問題点を解決する画期的な製品として期待できると思います。